マイナースとは

イナース制の実践

 

私達が考える理想の看護を提供するために、長年工夫を重ねながら、自宅で生活する利用者目線にたって、より良いサービス提供体制を検討してきました。

まず第一に、利用者さんにとって、数多くのスタッフが入れ替わり立ち替わりで関わるのは、安心して生活出来ないのでは、という声が多い。

そして、明日もまた訪問に行く予定なのに、シフトの調整で、1ヶ月ぶりに異なるスタッフが行く。その際にはかなり事前の情報収集が必要で、効率が非常に悪い。

だって、昨日、訪問したスタッフが再度行くほうが、行く方も来られる方も、最も情報鮮度が高いのは明らかです。

病院や施設などで、違和感を感じていた、もっと永く寄り添った看護がしたい、という想いを実現するためにも、私達は、基本的に事業所が大きくなっても、利用者さんにとっての担当看護師として、原則は同じスタッフが行くという運営スタイルをとっています。

もちろん、勤務都合でいつもと違うスタッフが行くこともあるし、一人のみで担当し続けるというリスクも考慮して、体制は臨機応変に変えていくようにしています。

利用者さんにとっても、合わないスタッフが固定されてしまうほど残念な事はありません

在宅で療養を看守るということは、看護技術以外の”相性”も大切だと考えています。

チームで運営しているため、一人ぼっちにはならない工夫を実践しながら、利用者目線で

担当制=マイナース制度

を実現し続けたいと考えています。

・それぞれが訪問看護師として自立する
・事務作業も訪問看護師が担当する
・スケジュール管理も自身で
・不定休(自身でコントロール、利用者調整も)
・日常生活の延長に看護がある(餅田モデル?)
・自分で好きな時に休める環境
・働きたい時に働ける環境
・看護師の給与金額の向上
・間接費を極限まで下げる

自分で訪問件数決めれる
何件、行きたい? → その件数なら、月給はこの金額やで?

日本看護サービスが定義するマイナースの5つの能力

マイナースじゃないと、余計な間接コストがかかる

経営学で考えると、シンプル経営、間接コストを極限まで削減すると、
マイナース制度になりました。
ただ、一人で全て担当することは厳しい状況もあるため、

不安な状況を緩和させるために、コーチ制度の導入が必要と考え、

現在、体制を構築中です。

 

問看護師の役割

 

①看護の将来ビジョンの中で「看護は、対象となる人々を、どのような健康状態であっても、人生を生きる一人の個人として総合的にみる。

つまり“疾病”をみる「医療」の視点だけでなく、生きてく営みである「生活」の視点をも持って“人”をみることにその専門職としての価値をおく。」としている。

 

②訪問看護師は医療知識をベースとして、予後予測や、悪化防止の判断を勘案しながら、専門知識や高度な技術を生かして看護サービスを提供する役割がある。

 

③医療と介護(生活)の両面から、療養上の問題となる要因分析、解決策を検討支援できる専門職として、多職種それぞれがもつ専門性が発揮できるように、多職種協働・連携の要としての役割を果たすことが必要である。

 

 

域で必要とされる訪問看護師像

 

~地域で働く専門職としてどのような看護師が必要とされているか~

①訪問看護ステーションや訪問看護師の役割を果たすために必要な力量の基本は、「誠実であり、主体的に考え判断できる看護師」であること。

②社会情勢が変化する中で、その変化をとらえ、訪問看護師として今必要な力量を身に着けるため、主体的に学び続ける看護職であること。

お問い合わせはこちら